前へ
次へ

春を知らせる生命力の強い菜の花を食卓に

強い生命力御感じさせる春の食べられる花の一つは、黄色花びらが魅力的な菜の花です。
ピンクや赤いチューリップの花や可憐なサクラの花の中に、黄色い菜の花はひときわ明るき輝く存在であり、見て楽しむだけではなく緑の葉っぱや茎の部分と共に黄色い花も食べることができます。
大変生命力に富んだ花なので、土に生えている菜の花をハサミで切って花瓶に差しておいても、翌日には数センチ伸びてしまうほど生きがあるのも特徴です。
鍋にお湯を沸騰させて茹でで調理をするときには、何分もお湯で煮込むようなことはしないで、サッと湯に通すくらいですぐに冷たい水に入れます。
本来持っている鮮やかなグリーンが、一瞬の過熱とすぐに冷たい水で冷却することで、ひときわ美しく引き立つからです。
何もつけずにそのまま食べても、特有のほろ苦さと甘みが美味しいですが、醤油やお酢で和え物にしたり、添え物にしていただくのも美味しいですし、ゆでず天ぷらにすることもできます。

Page Top